遺留分(いりゅうぶん)

民法1028条~1044条


栃木県宇都宮市、鹿沼市、日光市、西方町、壬生町、塩谷町、矢板市その他の相続


遺言書では、誰にどのように遺産を与えようと、原則として遺言者の自由です。しかし、法定相続人のうち、配偶者・子・親には、「遺留分」と言って、最低限保証された相続分があります。


法定相続人 遺留分(全相続財産に対する割合) 相続財産が2,400万円のときの計算例
配偶者と子のとき 配偶者4分の1、子4分の1。子が複数あるときは、その4分の1を人数で分けます。遺留分は法定相続分の半分になります。
妻(夫)と子が2人の場合:
妻(夫)→600万円
子A→300万円
子B→300万円


配偶者がなく、子がいるとき 子が2分の1。子が複数あるときは、その2分の1を人数で分けます。遺留分は法定相続分の半分になります。
子が2人の場合:
子A→600万円
子B→600万円


子がなく、配偶者と親がいるとき 配偶者3分の1、親6分の1。ご両親とも健在のときは、その6分の1をさらに父母で分けます。遺留分は法定相続分の半分になります。
妻(夫)と父・母の場合:
妻(夫)→800万円
父→200万円
母→200万円


子も配偶者もなく、親がいるとき 親3分の1。ご両親とも健在のときは、その3分の1をさらに父母で分けます。遺留分は法定相続分の半分ではありません。
父・母の場合:
父→400万円
母→400万円


子も親もなく、配偶者だけのとき 配偶者2分の1。遺留分は法定相続分の半分です。 妻(夫)→1,200万円
※被相続人の兄弟姉妹には、遺留分はありません。



遺言書の内容が、この「遺留分」を下回っている(侵害している)ときは、遺留分の侵害を受けた相続人は、「遺留分減殺請求」と言って、遺留分に相当する相続財産の返還を求めることができます。必ずしも裁判上の請求による必要はありません。


遺留分減殺請求は、相続の開始と遺留分の侵害があったことを知ってから、1年以内に行わなければ時効により権利が消滅します(民法1042条)


遺留分の侵害があっても、相続人が異議を述べずに承認すれば、どのような遺言でも有効に成立します。


→遺留分減殺請求権の時効


詳しくは、ご相談ください。


→ご相談窓口


→栃木県の相続トップに戻ります




英語翻訳、建設業許可申請、会社設立、車庫証明、相続、登記簿謄本取得その他手続き代行
栃木県鹿沼市の行政書士事務所(宇都宮、鹿沼、栃木、日光、矢板etc…)


Copyright© 2005 紺野圭也行政書士事務所(栃木県鹿沼市) All rights reserved.
リンクフリー