相続税の計算

相続税の計算は、意外に複雑です。
相続税には、次のような「基礎控除」が認められています。

5,000万円+(1,000万円×法定相続人の人数)

例えば、法定相続人が3人いたとしたら、

5,000万円+1,000万円×3人=8,000万円

相続財産の価額が8,000万円までは相続税はかかりません。
法定相続人が4人なら9,000万円、5人なら1億円までは、課税されないことになります。

しかし、この基礎控除は、単純に遺産総額から計算するワケではないのです。
その前に、正味の遺産額というものを算出しなければなりません。この額が基礎控除額を超えていた場合、その超えた部分について課税されます。

詳しくはご相談ください。
→ご相談窓口

または国税庁のタックスアンサーをご覧いただくか、
最寄の税理士さんにご相談ください。

※注:税務相談、税務申告の代理は、税理士の独占業務です。

→相続トップに戻ります


代書のプロ、
行政書士に
ご相談・ご依頼
ください!

●当サイトの内容は、できるだけ分かり易く簡略化して述べている部分がありますので、実際の事例に当てはめて考える際には慎重にご判断ください。詳しくはご相談ください。

●行政書士には法律上、お客様の秘密を守る義務が課せられています。ご安心ください。



Copyright© 2005
紺野圭也行政書士事務所
All rights reserved.