その他の方法

遺産分割協議がどうにも調わず、遺言書もない。しかし法定相続はしたくない…
そんなときにとり得る方法は?

①一旦、法定相続分で遺産を分けてしまい、その後、贈与という形で遺産をやり取りする。

デメリット:贈与税が課税される可能性がある。
※ただし、贈与であっても、遺産分割の範囲内であると判断されれば、課税されないこともあり得ます。各税務署の判断によりますので、一概には言えません。(不動産については、一度所有権を登記されてから持分を贈与すると、贈与税が課税される可能性がかなり高いです)。


②相続放棄の手続きを使う。

「自分の取り分は、なくても良いよ」と言う相続人は、家庭裁判所に相続放棄を申述することができます(ただし、相続開始を知ってから3ヶ月以内にしなければなりません)。


③「相続分のないことの証明書」(「相続分皆無証明書」「相続分不存在証明書」とも言われます)を作成し、実印を押印してもらう(印鑑証明書も添付します)。

これは、「自分は故人の生前に、すでに贈与等により財産を受け取っているため、自分の相続分はありません」ということを証明するものです。放棄よりも手続きが簡便です。


上記①~③を組み合わせたり、他の手法を考案したりして対応することになります。
いずれにしても、決まった対応の方法があるわけではなく、難しい案件になります。
詳しくは、ご相談ください。

→ご相談窓口

→相続トップに戻ります


代書のプロ、
行政書士に
ご相談・ご依頼
ください!

●当サイトの内容は、できるだけ分かり易く簡略化して述べている部分がありますので、実際の事例に当てはめて考える際には慎重にご判断ください。詳しくはご相談ください。

●行政書士には法律上、お客様の秘密を守る義務が課せられています。ご安心ください。



Copyright© 2005
紺野圭也行政書士事務所
All rights reserved.